職能資格制度 【しょくのうしかくせいど】

【職能資格制度】とは、仕事の困難度・責任度などをベースとした職能資格区分を設け、各職能資格区分に該当する職務遂行能力の種類や程度を明確にした職能資格基準を設定し、この基準に基づいて人事処遇を行う制度のことです。

用語集へ戻る