絶対評価 【ぜったいひょうか】

【絶対評価】とは、定められた業務執務基準や定められた能力の標準、すなわち個々人に対する期待度に照らして一人ひとりのレベルを判定する評価方法をいいます。

用語集へ戻る