社労士に相談

◇職場のトラブル、有効な解決方法は・・? 【個別労働関係紛争】

『最近「不当解雇」とか「賃金不払い残業」とか、職場のトラブルに関するニュースをよく聞くけど、
そもそもどうしてそんなトラブルが起こるんだ? わが社は大丈夫か?あんな問題が起きたらそれこそ経営が危ないぞ・・・。』

『会社のトラブルを円満に解決する方法はないか・・?』

労働にかかわるトラブルが発生したとき、ふと思い浮かべるのが裁判。でも、裁判はお金も時間もかかります。裁判の内容は一般に公開されるので、経営者と労働者が互いに名誉や心を傷つけあう結果にもなりかねません。そんなときこそ、ADR(裁判外紛争解決手続)の出番です。「裁判外紛争解決手続の利用の促進に関する法律(ADR法)」に基づく法務大臣の認証と、社会保険労務士法に基づく厚生労働大臣の指定を受けて、労務管理の専門家である社会保険労務士が、トラブルの当事者の言い分を聴くなどしながら、その知見を活かして、個別労働関係紛争を「あっせん」という手続により、簡易、迅速、低廉に解決いたします。 こうした個別労働関係紛争に関するADRの申し立ては、本人が直接行うことができますが、「特定社会保険労務士」に代理人を頼むこともできるので円滑に進めるためにも活用してみてください。

◇複雑な労働保険の手続きは・・? 【労働社会保険手続きの代行】

『厚生年金保険に健康保険、労災保険に雇用保険・・・。労働社会保険って種類もいろいろあるし、社員の入退社ごとの手続や毎年の年度更新、算定基礎届なんて、複雑で大変だ。こんな手続、専門家に外注して、社長の私は経営に専念したいのに・・・』

社会保険労務士に任せれば経営者は労働社会保険の複雑な手続から開放され、経営に専念することができます。
労働社会保険関連の書類作成には思ったよりも時間を費やしているものです。社会保険労務士は、この業務を代行することで、時間や人件費を大幅に削減します。また年度更新や算定基礎業務は、その基礎となる賃金の定義や保険料の算出について専門的知識が必要です。この申告額に誤りがあると追徴金や延滞金を徴収されることもあります。
社会保険労務士は、これらの業務を正確かつスピーディに、経営者に代わって行います。

◇職場の生産性を高めて業績アップ! 【人事労務管理のコンサルティング】

『最近なんだか社員にやる気が感じられない。業績も伸び悩んでいる。「社員がいきいき働いている職場は生産性が高くなり、会社全体の業績を大きくアップさせる」って、わかってはいるけどなかなかうまく行かなくて・・・。』

そんな経営者の皆様のお悩みを解決し、会社の業績をアップさせる方法も教えてくれるのが社会保険労務士です。
業績アップに必要なのは売り上げばかりではありません。限られた時間の中で、人材をいかに活躍させるかがカギなのです。社会保険労務士は、企業の業績アップに必要な人事・労務管理に関する専門知識を持っています。それぞれの企業の実態をプロの目で分析し、①職場のみなさんがいきいきと働く→②生産性の向上→③企業の業績のアップ→④労働条件の更なる改善、というよい循環に導きます。